2014年12月24日水曜日

OOAD Criticism

OOAD Criticism
「オブジェクト指向」OOAD 批判

現実と computer のあいだ

OOAD とは オブジェクト指向分析設計 それで
今の状況を凝視める
現実を識別し オブジェクト と その関係 の形へ落とし込む作業 それで
何と無く有る状態を見えるようにする

しかしそれは現実だろうか
基本的に オブジェクト は 階層関係 へと落とし込まれる
その分析は人工的解剖学的眼差しで要素還元主義  それは現実だろうか
現実にはそんな static な階層構造など存在しない  しかし落とし込まれる

これはシステム
常に practical で利用者のために存在している
やるべきことは芸術ではなくシステム
ただそれだけの存在理由  行き違いはここから始まる

中途半端なことより極端な原理主義を一度経験した方が見えなかったものが見えるだろう
そして其処から何かが始まるだろう


Footnotes
二つの主題 と共に。
OOAD でさえ限界がある: その手法自体に限界と限定があるのを実感する人がいるならそろそろ再考してもいいのではないでしょうか。 Always no silver bullet
極端な諦めと極端な盲目: この二人の日本人はよく見たけれど (特に諦め) 、あいだの人は見たことがない。 OOAD に限らず設計には結局 balance が重要でそれを維持するのにも cost が要る。 balance とは 本質的目的 への accuracy

0 件のコメント:

コメントを投稿

Spotlight 検索結果のパスを見る方法

Spotlight 検索結果のパスを見る方法 ============================================ Mac Spotlight 検索結果について。 問題 -------------- 1. 検索結果のファイルは直接開くことができる. 1....