2014年12月19日金曜日

Japanese Agile Criticism

Japanese "Agile" Criticism
日本「アジャイル」批判


果たして日本語の「アジャイル」
とは何を示しているのか
それでは英語の agile
とは何を示すのか

今の日本人は agile practice の塊が agile だと思ってないか
それで何か変わった?
問題なく残業もせず end-users に満足されているか
政治的金銭的にも成功した?

そうならないのは天地を勘違いするせい
agile いや人間の活動は方法ではなく文化に帰す
文化からあるべき方法が生まれる必然性
文化なくして方法は無に帰す

これを問題と思えない人間もそのうち勝手に agile になり得る
それは文化だからだと言える


Footnotes

日本語で agile が /ǽdʒ(ə)l/ でなく /ǽdʒaɪl/ と読まれるのは別の問題を孕んでいるのでここで深く言及しませんが (この場合特段間違っているのではないけれど)、この無感覚性で今後いつまでこのカタカナ英語文化を続けるのかも考えた方がいいと思う。もう少し別の投稿で書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Spotlight 検索結果のパスを見る方法

Spotlight 検索結果のパスを見る方法 ============================================ Mac Spotlight 検索結果について。 問題 -------------- 1. 検索結果のファイルは直接開くことができる. 1....